糖尿病を食事で改善!〜健康を支えるスペシャルな治療〜

和食

血圧を下げる食事

看護師

高血圧は病気が発症するリスクを格段に高くします。血圧が高くなると、血管が詰まりやすくなってしまうので、脳梗塞など命に関わる重大な病気にかかりやすくなってしまうのです。食べ物に含まれる栄養素などは体の健康を維持するために欠かせない存在であると言えますが、カロリーを摂り過ぎると血圧を高めてしまうことに繋がります。しかし血圧を下げる食事を摂ることで、非常にバランスよく栄養が摂取できます。食事に気を遣うことで糖尿病や腎臓病などの合併症を引き起こすリスクを軽減できるので、病院などで提供されている病食はカロリーや栄養バランスがしっかり考えられているのです。血圧を下げる効果のある食材などは市場でも手に入れることが可能なので、健康的な生活を維持したい方は食生活を見直すと良いでしょう。

病院で提供される病食はカロリーを摂りすぎないように配慮されています。これは糖尿病などを患う患者が合併症を起こすことを防ぎ、病状を安定させるための効果もあるのです。バランスの良い食事を摂るためには、それに適した食材やレシピを知っておくと良いでしょう。例えば血圧を下げる効果がある青魚などはスーパーなど身近な場所でも手に入ります。魚に含まれるDHAという成分には血液をサラサラにする効果もあるので、高血圧を予防するためには最適です。また、大豆はカロリーを抑えながらもしっかりとした栄養が含まれているので、納豆や豆腐なども普段の食事に取り入れると良いでしょう。病気のリスクを少しでも軽減できるよう、今一度摂取カロリーや栄養バランスを意識してみることが大切です。